じくうかん

孫ニュースサイト跡地。
現在は、アニソンDJと化した管理人の備忘録的な。
2016-08-25(木)

「2016/09/21 新木場ageHa Re:animation Presents 「GEKKO NIGHT Bonus Track -The Ageha Plan-」」

20160825-gekko.jpg

Event: 「Anahera」 BOX Floor
Venue: ageHa (Shinkiba)
Time: 2016/09/21 23:00 OPEN
Fee: DOOR 3,500yen / ageHa MEMBER 2,500yen / 20th PASS 2,000yen / Re:animation Guest Discount
*Over 20 years old only


---
2016/09/21(水/祝前日)。
新木場 ageHaにて開催されるトランスパーティ「Anahera」内のBOXフロアにて、『GEKKO NIGHT』という名のイベントが開催されます。

GEKKO NIGHT。
アニクラ周りで長く遊んでいる皆様は、聞いたことがある名前かもしれません。
また、参加したことがある方も多数いらっしゃると思います。
そのGEKKO NIGHTが今年、1度限り(?)の復活を遂げることとなりました。

2006年から2010年まで開催されていたGEKKO NIGHTは、あるアニメのオフ会を起点とするクラブイベントです。
その作品がクラブ文化を多く取り入れた作品で、かつメイン放送局での放送日時が「日曜日の朝」というクラブで遊んだ帰りにちょうど視聴できる時間帯だったことから、アニメファンはもちろんのこと多くのDJやクラバーに愛される作品でした。

主催の ちへ さんが行っていたオフ会から「クラブイベントをやってみよう!」といった話が出て、オフ会参加者の中からDJを募って開催されたのが第1回のGEKKO NIGHTだったと聞いています。

僕が初めて参加したのは第2回で、2007年の秋でした。
当時はまだその作品を視聴していなかったのですが、ちょうど別件でGEKKO NIGHTに出演するDJさんと一緒にイベントをオーガナイズする機会を控えており、イベント前にちゃんとプレイをお聞きしておかなければ、というのが参加の動機でした。
で、このイベントに参加するなら作品をちゃんと見ておかないとダメかな、と思い開催までの1週間で全話を通して視聴。イベントへの気合十分で参加しました。

特に知り合いと一緒に行くわけでもなく、フライヤーだけ握りしめて向かった会場前には信じられないほどの人数が待機列を作っていました。
多くはオフ会からの参加者で、ぼっち参加の自分は「大丈夫かな…」と思ったりしたのですが、会場に入場した直後からあまりに別次元なイベントの熱量にそんなことはすっかり忘却の彼方へ。

テクノ、ハウス、ディスコミュージックを基調としつつ、随所でアニメのニュアンスを漂わせるDJ陣の選曲。どんなジャンルの音楽でも最大のテンションで応じる参加者。どこを見ても満員のフロア。イベント全体から最大限に感じる作品へのリスペクト。
当時オタク層に向けたイベントを立ち上げて間もなかった自分にとって、この光景は本当に衝撃でした。
このジャンルを飛び越えた楽しさは、数多くの参加者は、この果てしない熱気は、どこから来るのか。一体どうしたら発生させられるのか。
イベント終了後、色々と思いを巡らせたものです。

そして、その熱量そのままに当時SNSの主流であったmixiに全体公開で「あのイベントに出たい!!」と書いたところ、なんと検索から辿ってきたちへさんに次回GEKKO NIGHTへのブッキングを頂いたのでした。

初めてDJ参加したGEKKO NIGHTはそれはもう気合を入れてド緊張の中DJをしたのですが、正直いままででトップを争うぐらいフロアへの訴求力が低いDJとなってしまったことを鮮明に覚えています。
しかしながら幸運なことに(というか、そのプレイも良かったと言ってもらったおかげか)、その次のGEKKO NIGHTにもDJとして参加できることになりました。

最初のGEKKO NIGHTでは色々な事を考えすぎた結果としてアニメ/ゲーム/テクノ/ポップスなどを色々と織り交ぜてプレイしたのですが、そのせいで内容が煩雑になり、自身の未熟さも伴って非常に中途半端なプレイになってしまっていました。

そこで「自分にできることは何か」と考えた結果、「自分が自信を持って語れる事だけをやろう」とアニソン1本に絞ってプレイしたのが自分の中で1つの大きな転機となりました。
その後はGEKKO NIGHTの最終回からRe:animationの流れに乗り、歌舞伎町でのリアニ第1回を経て現在の活動状況に至ります。

勘違い系CDJでの経験、茶箱で教わった先輩たちの言葉、自身のイベントで学んだオーガナイズ、秋葉原という場所に満を持して登場したMOGRAからの影響など色々な転機がありましたが、GEKKO NIGHTというイベントが僕に与えた影響はその中でもトップクラスのものだったと痛感しています。

そして、2016年9月。
そんな大きな経験をくれたGEKKO NIGHTがRe:animationプレゼンツとして復活。
幸いなことに、僕もDJとして名を連ねることができています。
アリーナで、GEKKO NIGHTでもスピンしたまゆりんちさんことPandoraさんがプレイされることも嬉しい限りですね。

アリーナ含めageHaという箱を体験したことの無い方は、この機会に1度その空間を体験してみる…なんていうのも面白い動機になるかと思います。
Waterフロアとかね、ほんと最初に見た時ビックリしたので。

僕は当時のことを思い出しながら、このイベントへの恩返しのつもりで今できるプレイを全力でお届けします。

10年後の「アゲハ構想」、お楽しみに!!

----
当イベント「Anahera」ですが、オンラインよりどなたでも登録可能なディスカウントがあります。
こちらに登録頂ければ、なんとDOOR 3,500円が2,000円に。
遊びに行きたい!という方は、是非ともご利用ください。

『GEKKO NIGHT Bonus Track -The Ageha Plan-』Guest Discount 登録フォーム

=あわせてよみたい=
あれから10年。Re:animation Presents 「GEKKO NIGHT Bonus Track -The Ageha Plan-」決定!新木場ageHaで一夜の復活!
[カテゴリ:DJ]

コメント

コメントはありません。

コメントを登録


この記事へのトラックバック