◎ 実家でした。



当時小学2年

まぁ休みがそんなにあるワケでもないので、今日で実家は最終日になります。
今回は特に遊ぶこともなく、大体実家に引きこもる毎日ってカンジでした。
実家の両親が経営しているお菓子屋(シフォンケーキ屋)のWebページを作るために
今回は帰ったというのもあるのですが…まぁそんなにすぐにはできないので
帰ってからもボチボチ手がけているんじゃないかと思います。

珍しく函館のゲーセンにも全然行かなかったり、ほとんど家の中でしたが
旧友と一日だけ会ってサシで家飲みとかしてました。

Webページの更新ですがいろいろと書くことが溜まっているのですが遅れております。
とりあえずCDJのセットリストとコミケのレポ(80行ぐらいは書いてる)を戻ってきてからは
早いうちに書いておこうかと思います。ハイ。

それにしてもいつも大体実家に帰って何日かすると
「あーー ヤバイよ東京に戻らないとなーー!」
なんて気になっちゃったりするのですが、
今回は思うどころかぶっちゃけ戻りたくない感マキシマムなので
コレは一体どういう心の変わりようなのかと。

弱ったなーヲレ。年食いすぎたかな。

そうは言えどもとりあえず明日には戻ります。7時起き(8:36発)なのでこの辺で。


CATEGORYバカニッキ



COMMENT
▼やだよ:
物心ついたときからアーケーダーなk-twoさんのBorn to killぶりに感動しましたw
初めて1周したのはおいくつのときですか?
[2008-08-24 03:44:19]
k-two
>やだよさん

ありがとうございますww ある種なんというか筋金入りですww
写真の日記は小学1年(2年じゃなかった)の1月なんで
多分西暦で言うところの1987年1月ぐらいじゃないかと思います。

この後も沙羅曼蛇っぽい絵とかポールポジションIIの絵とか
ジッピーレースの絵とかあったりもしますがとりあえずファンタジーゾーンだけ撮っておきましたww

>初1周は?
実は…あんまり記憶が定かじゃないのですが
初めて1周したのはファミコン版が最初だったと思います。(多分8~9才)
その後PCエンジン版で1周して(11歳ぐらい)、MD版スーパーで1周しつつ動きに慣れていって
実際にアーケード版をちゃんとクリアしたのは多分SEGAAGES(SS版)が出てすぐぐらいじゃないかと思います。
それまではアーケードでなかなか見かけませんでしたからねぇ…。
[2008-08-24 16:21:38]
▼れいどっく:
絵日記にボス4が・・・。

ゲームを始めたのは確かに先だが、同じ年代としたら、
確実に「ゲーム博士」の称号を得ていたでしょう。
[2008-08-24 18:40:46]
k-two
>旦那
多分物心ついてからゲームに興味を持ったのが1985~6ぐらいなんじゃないかと思います。
世代的にはもうそこまでにかなりいろんなゲームが出ちゃってますが
当時のゲーセンって結構古い作品もそのまま置いてあったりするので
ギャラガとかラリーXとかポールポジションIIとかもリアルで触ることが出来ましたね
あのころのゲームがまだ存分に遊べない年頃(小学生ですから)だったので
そのうっぷんが溜まってレトロゲームリバイバル時のゲームをほとんど買ってしまうに至りますw

絵日記は他にもアルカノイドとか描かれてましたねぇ。
もう少し撮ってくればよかったかも…。
[2008-08-25 18:43:56]
▼やだよ:
> 絵日記は他にもアルカノイドとか描かれてましたねぇ。

既に客観的になってますねw
しかしこの絵日記、スコアが上にあったりボスに背景があったり、持ってるボムがSMART?だったりとアーケードの要素を押さえつつ、ビームが数字表記だったり、クラブンガーの腕の付け根の色が変化しないというファミコン版の要素も入っていて、この1枚でk-twoさんの子供時代がいろいろ類推できて面白いです。楽しい絵をありがとうございます。
[2008-08-26 01:25:18]
k-two
>やだよさん
うおおお!!超分析されてるwww
確か子供のころにFC版のファンタジーゾーンを見て真っ先に思ったのが

『なんでスコア表示が画面の上じゃなくて下なの?』

だったぐらいアーケードに思い入れがあったのは確かですんで
その辺の名残というか怨念がもしかしたら絵で具現化してるのかもしれませんww

ちなみに絵は他にも何枚か撮ってきてるんですが
コレは冬の本のネタにしようと思ってたりします。
どうせだから自分の人生の総大勢にしよう!みたいな…

それにしてももう少し何枚か撮っておくべきだったなぁ…
ファンタジーゾーン以外のゲームもかなり描かれてはいたんですが撮ってこなかった…。
[2008-08-26 01:54:20]


  ← Twitterごしでコメントしてみる(クリックするとTwitterの投稿欄に移ります。自動で投稿はされません) (詳細はコチラで)